レーシックで視力回復を目指そう│マイEYE視力向上計画

テレビなどで注目

レーシック施術とは何か

医師に相談

大阪の眼科クリニックでは、近年、レーシック手術の相談をされることが増えています。このレーシックとは、視力を良くする施術の事です。最近では、芸能人やスポーツ選手が行っていることで注目されています。 そもそも人間の目の中には、角膜という部位があります。この部分が光を屈折させることで、わたし達は物を鮮明に見ることができます。しかし、視力の悪い人は、この角膜の屈折率が正常ではありません。そのため、物がぼやけて見えてしまうのです。そこで、レーシックで角膜を削ることによって、光がきちんと焦点に合うようになります。ピントを合わせることができるので、視力を回復することができます。 大阪のクリニックでは、15分という短い時間で手術を行います。そのため、入院をする必要は全くなく、自力で家まで帰ることができます。また、点眼麻酔を用いて手術をするので、痛みがなく安心して治療ができます。

施術を受けられる年齢とは

大阪では、多くの方がレーシック施術を希望しています。ですが、大阪で施術を受ける際には年齢制限があります。基本的にレーシックは、成人していれば受けることが可能です。しかし、18歳以下の子供の場合は受けることができません。というのも、眼というのは、体と同じように子どもの時期には成長をしているからです。レーシックは、その時の視力の状態に合わせて行われます。ですから、視力が大人になって安定するまで待つ必要があります。もしも、子供の時にレーシックを受けた場合、視力矯正効果が無くなってしまう可能性があります。したがって、子供の時に無理に受けても意味がありません。なので、施術を受ける時期については、十分配慮する必要があります。